HOME記事飛沫防止用シートに係る火災予防上の留意事項について

飛沫防止用シートに係る火災予防上の留意事項について

飛沫防止用シートを設置または設置を検討している事業所の皆様へ

新型コロナウィルス感染症の拡大防止対策の観点から、レジカウンター等に飛沫防止用のシートを設置または検討されている事業所が増えてきております。しかし、先日県外の商用施設において、ライターを購入した客が試しに点火したところ、シートに着火する火災が発生しました。シートの材質によっては、着火・燃焼しやすいものがありますので、以下の留意事項について、ご確認いただき、火災予防にご協力をお願いいたします。

留意事項

  • ガスコンロなどの火気使用設備・器具、白熱電球等の熱源となるものから距離をとってください。
  • スプリンクラー設備の散水障害が生じない位置に設置してください。
  • 自動火災報知設備の感知器の未警戒部分が生じないようにしてください。
  • 避難の支障とならないよう設置してください。

※飛沫防止用シートは設置方法により、消防用設備が機能しない可能性がありますので、ご不明な点があれば、消防本部にお問い合わせください。

このページの先頭へ