HOME子育て・教育図書館展示本 児童向け「節分」「バレンタインデー」に関する本

展示本 児童向け「節分」「バレンタインデー」に関する本

児童向け展示本「節分」「バレンタインデー」に関する本

 2月の代表的な季節行事といえば「節分」。

節分は立春の前日のことを指します。

日本独自の文化である節分について、どんな由来や意味があるのか子どもにもわかりやすく説明したいですよね。

 「バレンタインデー」はキリスト教圏の祝いで、主に欧米で毎年2月14日に行われるカップルの愛の誓いの日とされています。

 少しずつ暖かくなるこの季節、小さな春を感じてみませんか?

 

「せつぶんのひのおにいっか」 青山 友美/作

普段はのんきに暮らしている、おに父さん、おに母さん、子おにの3人。

ある晩、明日が節分だと思い出したおに一家は、大慌てで準備をはじめました。

節分の日の夕方、人間たちが豆をまき始めると…。(TRCマークより)

「ふくはうちおにもうち」 内田 麟太郎/作 山本 孝/絵                         

節分の夜、男が一人で酒を飲んでいると、外で「さむいよう」と声がする。

だれかと思ったら、鬼たちだった。

それなら入れと男は誘い、やがて宴会が始まった。

そこへ…。(TRCマークより)

「鬼まつりの夜」 富安 陽子/作 はせがわ かこ/絵  

節分の夜、よび声に引きよせられたケイタは、「鬼ごっこ」をするはめに。

その相手は赤いはだかんぼの体にトラ皮のパンツ一丁、さらに頭にはりっぱなつのがはえていて…。

巻末に「2月のまめちしき」を収録。(TRCマークより)

「くまふうふのバレンタイン」 イヴ バンチング/ぶん ジャン ブレット/え

くま夫婦のベティとボビーはバレンタインデーを祝うことにしました。

ところが、2月14日は冬眠中のくまの一番気持ちのいいとき。

寝過ごさないようにベティは目覚まし時計をセットするのですが、ボビーはなかなか起きなくて…。(TRCマークより)

「ぎょうれつのできるチョコレートやさん」 ふくざわ ゆみこ/作

好奇心旺盛なシマリスくんと引っ込み思案のキタリスくんは、いつも一緒の仲良し。

ふたりはチョコレートの作り方を習いに町のチョコレートやさんへ通い…。

ロッシェのレシピ付き。

ぎょうれつのできるおいしいえほんシリーズ。(TRCマークより)

カテゴリー

このページの先頭へ