HOMEくらし・手続き上水道・下水道水道管の凍結防止について

水道管の凍結防止について

冬の冷え込みが厳しいとき、水道管が凍ったりして水が出なくなったり、破裂することがあります。早めに凍結防止の準備をしておきましょう。

凍りやすい水道管

  • 屋外に露出(むき出し)になっている水道管
  • 家の北側にあり、陽の当らないところにある水道管
  • 温水器等のむき出しになっている配管

一般家庭でできる防寒の仕方

  • 保温材や毛布、布切れで蛇口の上まで完全に包みます。
  • メーターを保護するためにメーターボックスの中に、使い古しの毛布や布切れ発泡スチロール等を入れ保温します。
  • 少量の水を流しておくと凍結しにくくなります。

水道管が凍ってしまった場合

 蛇口が凍ったときは、自然に溶けるのを待つか、凍ってしまった部分にタオルなどを被せて、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。

※急に熱いお湯をかけると、管や蛇口が破裂したり、給水栓をいためることがありますので注意が必要です。

 なお、凍結により、蛇口を開けても水が出ない場合、蛇口を開けたままになることがあります。水が出なくても、必ず蛇口を閉めるようにしてください。

水道管が破裂してしまった場合

 水道管および水道メーター(メーターガラス)が破裂したときは、できる範囲でメーターボックス内のバルブを閉め、水を止めてください。この際、破損した個所を布かテープ等でふさいでから、水道部又は小松島市指定給水装置工事事業者へお問い合わせください。

 

※ガラスの破片等でけがをしないように注意してください。

※水道メーターから蛇口までの漏水については、水道部では修理できませんので、小松島市指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。

空家等について

 空家等においては、凍結等により水道管等が破損した場合、漏水の発見が遅れ、家屋等の被害が拡大するおそれがありますので、水道管等の水道施設については、適切に管理くださいますようお願いいたします。

カテゴリー

このページの先頭へ