HOMEくらし・手続き防災情報位置情報通知システムの運用について

位置情報通知システムの運用について

位置情報通知システムの概要

平成26年2月3日より、携帯電話・IP電話等(IP電話、『050』で電話番号が始まる電話サービスを除く)からの119番緊急通報に係る位置情報通知システムの運用が始まります。
このシステムでは、携帯電話・IP電話等からの119番通報において、音声通話と併せて通報者の発信位置に関する情報が、自動的に消防本部に通知され、通信室において電子地図上に表示することが可能となります。
特に屋外からの通報で住所不案内の場合も多い携帯電話からの119番通報には大変効果的であるなど、通報者の発信位置を迅速に把握することが可能となるため、より迅速かつ確実な消防活動に役立つようになります。

位置情報通知システム解説図

対象となる電話

携帯電話の場合:第3世代と呼ばれる機種(※)

IP電話等の場合:IP電話等のうち『050』で電話番号が始まる電話サービスを除いたもの

(※)携帯電話について、本システムの対象となる機種やGPS測位対応機種については、各事業者に問い合わせてください。

通知される位置情報

携帯電話の場合:緊急通報を受信した基地局所在地等から算出された位置情報が通知されますが、GPS測位方式対応機種については、より精度の高いGPS測位情報が通知されます。

IP電話等の場合:契約者情報(住所及び氏名)が通知されます。

消防本部からのお願い

  1. 口頭による情報伝達について
    位置情報が十分確認できないことがありますので、119番通報に際しては、これまでどおり口頭で住所等通報位置や目印となる目標物を伝えるようお願いいたします。
  2. 「184」を付加した通報について
    対象となる電話からの通報であっても、「184」が付加された発信者番号非通知の場合は、位置情報について管轄する指令台に通知されません。ただし、この場合でも、消防本部等において緊急に位置情報が必要であると判断したとき(人の生命、身体等に差し迫った危険があると認められ、通報内容から直ちに位置情報を知ることができないとき)には、位置情報を取得することがあります。
  3. 問い合わせ先について
    本システムについての問い合わせは小松島市消防本部消防課(Tel0885-32-0119)までお願いいたします。ただし、119番は緊急通報用電話番号ですので、問い合わせには使用しないで下さい。

カテゴリー

このページの先頭へ