HOME記事令和4年度 飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用補助金交付事業

令和4年度 飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用補助金交付事業

小松島市では、動物愛護に係わる啓発支援を効率的に行い快適な生活環境を保持するため、小松島市内に生息する飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を受けさそうとする市民の方を対象に、手術費用の一部を補助いたします。

地域環境問題も含めて、望まれない繁殖を防ぎ、かけがえのない命を殺処分で失われないため、ご協力の上、補助金制度をご利用ください。

1.補助対象

小松島市内に生息する飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を受けさせることができる、小松島市に住所を有し住民基本台帳に記載されている市民の方。                                                                      

2.補助対象猫 

小松島市内に生息する飼い主のいない猫
飼い猫は補助対象外です。
他人の飼い猫を無断で捕獲しないよう十分に確認してください。 

3.補助金額 

1頭につき1万円

4.補助頭数

40頭(先着順) 原則2頭まで(申請受付期間内に上限に達しなかった場合は再度の募集をする事があります。)
※ 補助頭数が上限に達した時点で申請期間内であっても受付を締め切ります。

5.申請受付期間  

 令和4年5月9日(月)~10月31日(月)まで(受付開始日にご注意ください)
※ 必ず手術を受けさせる前に申請してください。(手術を受けさせた後の申請は補助対象外となります。)

6.申請窓口     

小松島市環境衛生センター

7.補助金交付までの流れ

1. 小松島市環境衛生センターに事前にご連絡いただいた上で、申請書(様式第1号)を持参または郵送にて
 提出する。
  ※ 申請書は、市環境衛生センターで配布するほか、下記からダウンロードできます。
  申請書記載事項:性別・毛色・推定年齢・特徴・生息場所・手術実施病院名(予定)
  手術に要する費用(予定)・申請者の住所・氏名・電話番号・誓約事項

様式第1号(申請書)※両面印刷

2. 交付決定通知書(様式第2号)を受け取った方は、交付決定のあった日の翌日から起算して60日以内に

  市指定動物病院で手術を実施する。

市指定実施動物病院一覧 

3.手術を受けた日の翌日から起算して14日以内に実績報告書(様式第4号)・耳のVカット前とVカット後の分かる
 カラー写真・領収書および請求内訳書の写し、補助金交付請求書(様式第5号)を市環境衛生センターに持参ま

 たは、郵送にての提出。

様式第4号(実績報告書)※両面印刷

様式第5号(交付請求書)

  ※ 手術の際に必ず「耳のVカット」をしてもらってください。

    されていない場合は補助金の交付要件が満たされていないことになります。

    申請者は、耳のV字カット前とV字カット後のカラー写真を撮影し、プリントしたものを

          提出してください。

   上記の交付請求を受領してから2週間~4週間程度で、補助金を交付いたします。

 飼い犬・飼い猫の避妊・去勢手術費用の補助については、秋頃に実施予定です。
 詳細につきましては、市ホームページ・広報等で改めてご案内いたします。     

カテゴリー

このページの先頭へ