HOME記事新生活様式対応住宅リフォーム支援事業

新生活様式対応住宅リフォーム支援事業

小松島市ではコロナ禍で住宅の新生活様式に対応した住まいづくりや、これに合わせて実施するリフォームを推進するため、下記の事業(最大15万円の助成)を実施します。

 

  • 対象住宅  市内の個人住宅

       市内の併用住宅

       過去に他の補助等を受けておらず、同一年度に木造耐震促進事業を受けていない住宅

       ※空家(リフォーム後居住予定のもの)でも可

 

  • 補助対象者 市内に居住しており、住民登録されている方

       市内に居住予定の方

       市税の滞納がない方

 

  • 対象工事 市内に本店のある業者(個人事業主可)に発注する下記工事で、令和5年2月28日(月曜日)までに実績報告書を提出できる工事であること。かつ補助対象経費合計が5万円以上であること

 

  ・新生活様式対応リフォーム工事(コロナウイルス感染症対応工事)

   (下記工種表PDF別表1)

   例 モニター付きインターホンを設置する工事

   非接触タイプの水栓器具等に交換する工事

   居室等の一角でテレワーク等を行うワークスペースやプライベートルームを設置する工事

 

・新生活様式対応リフォーム工事と同時に行う住環境の維持・向上を図るためのリフォーム工事(単独では補助対象となりません。新生活様式対応リフォーム工事を同時に行うことが条件となります。)

 (下記工種表PDF別表2)

   例 天井・壁紙・床・タイル等の張替え工事

   部屋の間取り変更工事等住宅の修繕, 補修, 模様替え工事

   外壁の張替え・塗装・補修工事、屋根のふき替え工事、防水工事

 

工種表 (PDF 258KB)

  ※どのような工事が対象になるかは市住宅課までご確認ください。

 

  • 補助金額

・上記対象工事を実施した場合に、対象工事費の5分の1相当額(最大15万円)を補助します。

 

  • 申し込み方法

下記書類とはんこをご持参のうえ、お申し込みください。

・補助金交付申請書(様式第1号)、改修計画書(様式第2号)

・図面(全体及び施工予定箇所を示すもの)

・建物の所有権を証明できる書類(登記簿、固定資産評価証明書等)

・納税証明書

・工事見積書の写し(コロナウィルス感染症対策工事であることがわかるカタログ添付)

・建物の全景写真及び施工予定箇所の現況写真

・施工業者の本店の所在地又は住所地が市内に在ることを証明できる書類又はその写し(商業登記簿等)

 

  • 申込期間

令和4年5月18日(水曜日)受付開始

令和4年11月30日(水曜日)まで

※先着順での募集とし、予算額に達し次第終了させていただきます。

(なお、申請書類、添付書類がすべてそろった順での受付となります。)

  • 様式

コロナリフォーム様式集(申請) (XLSX 42.5KB)

 

カテゴリー

このページの先頭へ