HOMEくらし・手続き戸籍・印鑑登録・住民登録やむを得ない理由により、住民票の住所地で通知カードを受け取れない方の居所情報登録について

やむを得ない理由により、住民票の住所地で通知カードを受け取れない方の居所情報登録について

平成27年10月5日からマイナンバー制度がスタートします。

10月5日以降、住民票の住所地に12桁のマイナンバー(個人番号)が簡易書留で通知されますが、次に該当する方で、やむを得ない理由により住民票の住所で通知カードの送付が受けることができない方は、居所情報(送付先)の登録が必要です。

対象者

  • 東日本大震災により被災し、やむを得ない理由により、居所へ避難していて、住所地において通知カードの送付を受けることができない方
  • DV(ドメスティックバイオレンス)、児童虐待等の被害者であり、やむを得ない理由により、居所へ移動していて、住所地において通知カードの送付を受けることができない方
  • 番号利用法の施行日(平成27年10月5日)以降、長期間にわたって医療機関・施設等に入院・入所することが見込まれ、かつ、入院・入所期間中は住所地に誰も居住していないため、住所地において通知カードの送付を受けることができない方
  • 上記以外の方で、やむを得ない理由により住所地において通知カードの送付を受けることができない方

登録方法

「通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書」に記入していただき、平成27年8月24日から9月25日までの間に住民票のある市区町村に持参又は郵送で提出してください。(郵送の場合は必着)

※申請が認められた方は、登録された居所にマイナンバーが届きます。

郵送の場合の送付先

〒773-8501 小松島市横須町1番1号 戸籍住民課 通知カード担当宛

※小松島市以外に住民票のある方は住民票のある市区町村に郵送をお願いします。

添付書類

添付書類として、次のものが必要となります。

  1. 対象者の本人確認書類のコピー(顔写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、パスポートなど)
  2. 居所に居住することを証明する書類のコピー(賃貸契約書、権利書、医療機関・施設等が発行する入院・入所を証明する書類、公共料金の領収書など)
  3. 代理人の代理権を証明する書類のコピー(※代理人が申請する場合)
    (法定代理人の場合は、戸籍謄本その他その資格を証明する書類、任意代理人の場合は、委任状など本人の委任の事実がわかる書類)
  4. 代理人の本人確認書類のコピー(※代理人が申請する場合)
    (代理人の顔写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、パスポートなど)

お問い合わせ先等

カテゴリー

このページの先頭へ