HOMEくらし・手続き公共交通公共交通の利用実態調査の実施について

公共交通の利用実態調査の実施について

公共交通(バス・JR)の利用実態調査にご協力をお願いします

市では「小松島市地域公共交通活性化協議会」を立ち上げ、将来にわたって持続可能な公共交通網の構築を目的とした「小松島市地域公共交通網形成形成計画」の策定を進めています。
計画の策定にあたり公共交通の利用状況などを把握するため、次のような調査を実施しますので、調査へのご理解とご協力をお願いします。

小松島市の地域公共交通に関するアンケート調査

【対象者】

平成28年8月1日現在小松島市に住民票を有する15歳以上の方から無作為に抽出した3,000名の方

【調査方法】

抽出された方には調査票を郵送しますので、同封の返信用封筒で(切手不要)にて返送してください。

【回答期限】

平成28年9月16日
※アンケート調査の返送先は計画の調査を委託している業者(大日本コンサルタント株式会社)になります。

バスの乗降調査

【実施日】

9月中の平日に1日実施

【対象者】

旧市営バスから徳島バスに移譲した3路線5系統のバスを利用される方

【調査方法】

車内にいる調査員が、乗車の際に調査票をお渡ししますので、降車の際に調査員にお渡しください。
※調査員については「調査員証」と「腕章」を身につけています。

JR利用者の実態調査

【実施日】

9月中の平日に1日実施

【対象者】

JR中田駅・南小松島駅・阿波赤石駅・立江駅を利用される方

【調査方法】

調査員が目視により、駅までと駅からの交通手段を調査します。
※調査員については「調査員証」と「腕章」を身につけています。

カテゴリー

このページの先頭へ