HOME記事定額減税しきれないと見込まれる方への給付金(定額減税補足給付金)のご案内

定額減税しきれないと見込まれる方への給付金(定額減税補足給付金)のご案内

定額減税補足給付金(調整給付金)とは

 賃金上昇が物価高に追いついていない国民の負担を緩和するため、デフレ脱却に向けた一時的な措置として、令和6年分の所得税及び令和6年度分の個人市民税・県民税の定額減税が実施されます。その中で、定額減税しきれないと見込まれる方につきましては、定額減税補足給付金(調整給付金)が支給されます。

対象となる方

 納税者および配偶者を含めた扶養親族に基づき算定される定額減税可能額が、令和6年分推計所得税額又は令和6年度分個人住民税所得割額を上回る方が対象です。

 ただし、納税義務者本人の合計所得金額が1,805万円(給与収入のみの場合、給与収入2,000万円)を超える方は対象外です。

個人住民税の定額減税については、こちら

定額減税可能額

所得税分=3万円×減税対象人数

個人住民税分=1万円×減税対象人数

減税対象人数

納税者本人+控除対象配偶者+扶養親族の人数

注: 控除対象配偶者、扶養親族は国外居住者を除きます。

支給額

「令和6年分所得税で定額減税しきれないと見込まれる額」(以下、「所得税分控除不足額」)と「令和6年度個人住民税で定額減税しきれない額」(以下、「個人住民税分控除不足額」)を合算し、1万円単位に切り上げた金額を支給します。

支給額の算出方法

(1)+(2)の額を1万円単位に切り上げた額が、支給額となります。 

(1) 所得税分控除不足額=所得税分定額減税可能額-令和6年分推計所得税額

(2) 個人住民税分控除不足額=個人住民税分定額減税可能額-令和6年度分個人住民税所得割額

計算例1 納税義務者本人が配偶者と子ども2人を扶養していて、納税義務者本人の令和6年分推計所得税額(減税前)が7万3千円、令和6年度分個人住民税額(減税前)が2万5千円の場合

所得税分定額減税可能額:3万円×(本人+扶養親族数3人)=12万円
個人住民税分定額減税可能額:1万円×(本人+扶養親族数3人)=4万円

  • (1)所得税分控除不足額
    所得税分定額減税可能額:12万円-令和6年分推計所得税額(減税前):7万3千円=4万7千円
  • (2)個人住民税分控除不足額
    個人住民税分定額減税可能額:4万円-令和6年度分個人住民税額(減税前):2万5千円=1万5千円

支給額
(1)所得税分控除不足額:4万7千円+(2)個人住民税分控除不足額:1万5千円=6万2千円 →切上げ

  支給額は7万円(1万円単位で切上げ)となります。

計算例2 納税義務者本人のみ(扶養親族なし)で、納税義務者本人の令和6年分推計所得税額(減税前)が500円、令和6年度分個人住民税額(減税前)が8千400円の場合

所得税分定額減税可能額:3万円×(本人)=3万円
個人住民税分定額減税可能額:1万円×(本人)=1万円

  • (1)所得税分控除不足額
    所得税分定額減税可能額:3万円-令和6年分推計所得税額(減税前):500円=2万9千500円
  • (2)個人住民税分控除不足額
    個人住民税分定額減税可能額:1万円-令和6年度分個人住民税額(減税前):8千400円=1千600円

支給額
(1)所得税分控除不足額:2万9千500円+(2)個人住民税分控除不足額:1千600円=3万1千100円 →切上げ

  支給額は4万円(1万円単位で切上げ)となります。

支給までのながれ

1 市から「確認書」が届きます

定額減税補足給付金(調整給付金)の支給対象と見込まれる方には、給付内容などが記載された「定額減税補足給付金支給確認書」(以下、「確認書」)が届きます。

発送は7月上旬ごろを予定しています。

「確認書」は、A4サイズ用(角20型)のうすみどり色の封筒でお送りします。

2 「確認書」に必要事項を記入の上、返送してください

届いた確認書の内容を確認し、必要事項をご記入ください。また、マイナンバーカード、運転免許証など、本人確認書類のコピーのほか、新たに受取口座をご記入される場合は、通帳のコピーなど、受取口座を確認できる書類を添付してください。

確認書とともに返信用封筒をお送りしますので、必要事項を記入した確認書と添付書類を封入し、返送してください。

なお、確認書の提出期限は、令和6年9月30日(月)(消印有効)となっていますので、ご注意ください。

3 確認書の審査が完了次第、口座に給付金が振り込まれます

返送していただいた確認書および添付書類に不備がなければ、市が確認書を受理してから3週間程度で指定の口座に給付金が振り込まれます。

振込通知はお送りしませんので、記帳によりご確認ください。

定額減税補足給付金を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

小松島市や国が現金自動預払機(ATM)の操作や、手数料の振込、メールやインターネットを利用した手続きを求めることは絶対にありません。不審な電話やメール、郵便、訪問などがあった場合は、下記の連絡先(0885-32-2123)や警察署に連絡してください。

お問い合わせ先

定額減税補足給付金(調整給付金)に関するお問い合わせは、下記担当までお願いします。

 小松島市定額減税補足給付金担当  電話 (0885)38-7233  ✉ soumu@city.komatsushima.i-tokushima.jp

  受付時間 9:00~17:00 (土日祝日を除く。)

カテゴリー

このページの先頭へ