HOME健康・福祉保健・健康・医療ひとり親家庭等医療費助成制度について

ひとり親家庭等医療費助成制度について

ひとり親家庭等医療費助成制度とは

ひとり親家庭等の方が医療機関にかかった時に、保険医療の自己負担分の一部について助成を受けることができる制度です。

  • 父母については、入院時のみ助成対象となります。(父母の通院時は助成対象外です。)
  • 児童の通院時については、1ヶ月1医療機関につき1,000円を限度として一部自己負担があります。
  • 入院時については、一部自己負担は生じませんが食事療養費は助成対象外です。

※学校・保育所等における児童の災害(負傷、疾病等)で独立行政法人日本スポーツ振興センターとの契約に基づき災害共済給付費が適用される場合においては、災害共済給付制度が優先になります。

対象となる方は

  • ひとり親家庭の父または母等(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童を扶養している方)
  • ひとり親家庭の児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの方)
  • 父母のいない児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの方)

申請に必要なもの

  • 健康保険証(父または母と児童のもの)
  • 『マイナンバーカード(個人番号カード)』または『通知カード』
  • 申請者(父または母)の身分証明書(運転免許証等)※代理人の方が申請する場合はその方の身分証明書(運転免許証等)が必要になります。
  • 印鑑
  • 児童扶養手当証書(児童扶養手当を受給している方)
  • 戸籍謄本(戸籍でひとり親家庭等を証明できない場合はその他の書類)
  • 転入された方や、本人及び扶養義務者が申請の年の1月1日現在、市外に住民票がある方は、所得課税証明書等が必要です。

※上記以外にその他書類の提出をお願いする場合があります。

所得制限

児童扶養手当支給対象者の所得制限額未満

受給者証の有効期限について

有効期間は10月から翌年9月末までとなっています。(年度中に18歳に達する児童については年度末までになります。年度中に児童全員が18歳に達する場合は、父母についても年度末までになります。)

また、有効期限が9月末までとなっている方が、更新を希望する場合は、毎年8月に更新の手続きをしていただく必要があります。

届出が必要な時

  • 住所、氏名、加入している健康保険証が変わった時
  • 本制度の対象でなくなった(婚姻した、児童を扶養しなくなった)時

カテゴリー

このページの先頭へ