HOMEくらし・手続き防災情報消防団コーナー

消防団コーナー

地域の防災!消防団に参加しよう!

消防団とは?

消防団は、郷土愛護と社会奉仕精神に基づき、火災をはじめとする各種災害の防除と被害軽減を図り、地域の安全確保のため組織された地域住民と密接につながった公的機関です。消防団は、日常各人の職業にだずさわり、災害発生時等に出動して地域住民の生命と財産を保護しています。

消防団の活動

消防団は、本業を持ちながら、「我がまちは自分たちで守る!」という消防精神に基づき、地域の安全と安心を守るために活躍している人たちが集まる、本市の消防機関です。
消防団員は、消防・防災に関する知識や技術を習得し、火災発生時における消火活動、地震や風水害といった大規模災害発生時における救助・救出活動、警戒巡視、避難誘導、災害防ぎょ活動などに従事し、市民の生命や財産を守るために活躍しています。
また平常時においても、訓練のほか、地域の応急手当の普及活動、自主防災会の指導、特別警戒、広報活動などに従事し、地域における消防力・防災力の向上において重要な役割を担っています。
これらのように、消防団は、地域における消防・防災の中核的存在として、今後も大いに活躍することが期待されています。
また、平成17年5月には本市初の、女性消防団員が入団され、一人暮らしの高齢者宅への防火訪問、応急手当の普及指導などにおいて女性の優しさや細かな配慮を活かして活動して行こうと考えております。

消防団の活動の写真1 消防団の活動の写真2

入団の資格

  • 年齢が18歳以上から45歳未満の人です。
  • 小松島市内に居住、又は小松島市内に勤務している人です。
  • 消防団員は消防団長から任命されます。

消防団の身分

  • 団員は特別職の公務員です。
  • 一般にいう給料はありませんが、活動に対して手当が支給されます。
  • 活動に必要な制服や作業服などが支給されます。
  • 活動によりケガなどされた場合、条例に基づき補償されます。
  • 一定期間団員として活動されますと、退職報償金などが支給されます。

カテゴリー

このページの先頭へ