HOMEくらし・手続き税金軽自動車税について

軽自動車税について

納める人

軽自動車税は、その年の4月1日に原動機付自転車や軽自動車等を所有している人に課税されます。

税率

平成31年度の税率は次のとおりとなります。

原動機付自転車及び二輪車など
車種区分 税率
平成31年度
原動機付自転車 総排気量が50cc以下、又は定格出力が0.6kw以下 2,000円
2輪のもので、総排気量が50cc超90cc以下、又は定格出力が0.6kw超0.8kw以下 2,000円
2輪のもので、総排気量が90cc超125cc以下、又は定格出力が0.8kw超1.0kw以下 2,400円
ミニカー 3,700円
軽二輪(125cc超250cc以下) 3,600円
小型二輪(250cc超) 6,000円
小型特殊自動車 農耕作業用のもの 2,400円
その他のもの 5,900円
三輪及び四輪以上の軽自動車
車種区分 平成27年3月31日以前の登録車両 平成27年4月1日以降の登録車両 最初の新規検査から13年を経過した車両
軽自動車 三輪 3,700円 3,900円 4,600円
四輪 乗用 営業用 6,600円 6,900円 8,200円
自家用 8,600円 10,800円 12,900円
貨物 営業用 3,600円 3,800円 4,500円
自家用 4,800円 5,000円 6,000円

(注意)最初の新規検査から13年を経過した軽自動車は、重課税率が適用されます。最初の新規検査の年月は自動車検査証中央上部に記載されている「初度検査年月」を指し、新車を最初に登録した年月です。ただし、動力源又は内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車並びに被けん引自動車は除きます。

◇重課税率について

自動車のグリーン化を進めるため、最初の新規検査から13年を経過した車両について、現在の税率に替わり、重課税率が適用されます。なお、はじめて重課税率が適用される平成31年度に対象となるのは、平成18年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両です。最初の新規検査年月は、自動車検査証の「初度検査年月」でご確認ください。

◇グリーン化特例(軽課)について

平成30年4月1日から平成31年3月31日までに最初の新規検査を受けた四輪以上及び三輪の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、平成31年度分に限り、下の表の税率が適用されます。

グリーン化特例(軽課)
車種区分 基準税率 軽減税率
(A)75%軽減 (B)50%軽減 (C)25%軽減
軽自動車 三輪 3,900円 1,000円 2,000円 3,000円
四輪 乗用 営業用 6,900円 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 10,800円 2,700円 5,400円 8,100円
貨物 営業用 3,800円 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 5,000円 1,300円 2,500円 3,800円

(A)電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減又は30年排ガス規制適合)

(B)平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+30%達成の乗用車

平成30年排ガス規制50%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成の貨物車

(C)平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+10%達成の乗用車

平成30年排ガス規制50%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成の貨物車

軽自動車税環境性能割

2019年10月1日から自動車取得税(県税)が廃止され、新たに環境性能割が創設されます。環境性能割は、取得価額が50万円を超える車両に対して課税され、取得価額に次の税率を乗じた金額になります。

環境性能割税率
対象車 税率
電気自動車等、平成32年度燃費基準値+10%達成車 非課税
平成32年度燃費基準値達成車 1%(営業車は0.5%)
平成27年度燃費基準値+10%達成車 2%(営業車は1%)
上記以外の軽自動車 2%

(注意)2019年10月1日から2020年9月30日までの間に取得した自家用乗用車は、税率を1%軽減します。

軽自動車などの手続き

軽自動車等を購入したときや所有権の移転、所有者等の住所や氏名が変わったときなどは届出が必要です。なお、他人に譲渡したり、転売や下取りに出して実際に原動機付自転車や軽自動車等を所有していない場合や、盗難にあったときでも、4月1日までに名義変更及び廃車の手続きをしないと軽自動車税が課税されます。名義変更及び廃車の手続きをしていない人や住所変更をされた人は、4月1日までに次の場所で手続きを行ってください。

軽自動車などの手続き
車種 手続き場所 届出に必要なもの
原動機付自転車
小型特殊自動車
小松島市役所税務課諸税担当
電話32-3845
ナンバープレート 印鑑
二輪の小型自動車 徳島運輸支局(徳島市応神産業団地)
電話050-5540-2074
ナンバープレート 印鑑・検査証など
二輪の軽自動車
三輪の軽自動車
四輪以上の軽自動車

徳島県軽自動車協会(同上)
電話088-641-2010

ナンバープレート 印鑑・検査証など

(注意)2019年7月1日以降、二輪の軽自動車(126cc~250cc)の手続き先は四国運輸局徳島運輸支局に変わります。

税止めの手続き

軽自動車、軽二輪及び二輪の小型自動車を、県外で廃車や名義変更、住所変更の手続きを行った場合は、税止めの手続き(軽自動車税申告書もしくは車検証などを市役所へ提出)をして下さい。

減免制度

身体などに障がいを有する人が所有している軽自動車などで、本人又は同居の親族の運転で、専ら障がい者の用に使用している軽自動車などについては、申請により軽自動車税が減免される制度があります。ただし、この減免制度は、普通自動車または軽自動車のいずれか一台に限ります。

カテゴリー

このページの先頭へ