HOME記事熱中症にご注意ください

熱中症にご注意ください

熱中症とは

 温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調整機能

が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様

々な障害をおこす症状のことです。

 家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合があ

りますので、注意が必要です。

熱中症の症状と対処

 画像1.jpg

熱中症予防のポイント

 水分補給をしましょう!

materials004_heatillness_001-cleaned.jpgmaterials004_heatillness_002-cleaned.jpg

materials004_heatillness_003-cleaned.jpgmaterials004_heatillness_005-cleaned.jpg

 

 暑さを避けましょう!

materials004_heatillness_006-cleaned.jpgmaterials004_heatillness_010-cleaned.jpg

materials004_heatillness_011-cleaned.jpgmaterials004_heatillness_015-cleaned.jpg

materials004_heatillness_009-cleaned.jpg

 

 暑さに負けない体力づくりをしましょう!

materials004_heatillness_018-cleaned.jpgmaterials004_heatillness_019-cleaned.jpg

materials004_heatillness_024-cleaned.jpgmaterials004_heatillness_026-cleaned.jpg

 

こんな時は迷わず119番通報してください!

ぐったりとして、自分で動けない

意識がない(おかしい)

体温が極端に高い

体温が高いのに、汗をかいていない

救急車を呼ぶか迷ったら

 「すぐに病院に行った方がよいか」や「救急車を呼ぶべきか」、悩んだりためらわれた時は、救急

安心センター事業(#7119)に電話してください!

 救急安心センター事業(#7119)に電話を掛けると、電話口で医師、看護師、相談員がお話を伺い、

病気やケガの症状を把握して、救急車を呼んだ方がいいか、急いで病院を受診した方がいいか、受診で

きる医療機関はどこか等を案内します。

熱中症特別警戒アラートの運用開始

 令和6年4月24日から、これまでの「熱中症警戒アラートの発表」に加え、「熱中症特別警戒アラ

ートの発表」の運用が開始されています。

 発表時間は、前日の午後2時です。この発表がされた場合は、よりいっそうの熱中症予防行動をお願

いします。

 

【市保健センター】

●令和6年4月から「熱中症特別警戒アラート」の運用が開始されました

 https://www.city.komatsushima.lg.jp/docs/2763336.html

【市総務部総務課】

●小松島市内の指定暑熱避難施設(クーリングシェルター)

 https://www.city.komatsushima.lg.jp/docs/4091916.html

関連サイト

【総務省消防庁】

●熱中症情報

 https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/post3.html

【環境省】

●熱中症予防情報

 https://www.wbgt.env.go.jp/

 

 

カテゴリー

このページの先頭へ

くらしのガイド