HOME記事軽自動車税環境性能割について

軽自動車税環境性能割について

軽自動車税環境性能割とは

 令和元年10月1日から、自動車を取得した方に課される自動車取得税(県税)が廃止され、新たに軽自動車税環境性能割が創設されました。軽自動車税環境性能割は、新車・中古車を問わず取得価額が50万円を超える三輪以上の軽自動車を取得した時に課税され、取得価額に環境性能に応じた税率を乗じた金額となります。軽自動車税環境性能割は市税ですが、当分の間は、徳島県が賦課徴収事務を行います。

軽自動車税環境性能割の税率(乗用車の例)
対象車(燃費基準値達成度等) 税率(自家用) 税率(営業用)
電気自動車等 非課税 非課税
★★★★かつ令和2年度燃費基準+20%達成車 非課税 非課税
★★★★かつ令和2年度燃費基準+10%達成車 非課税 非課税
★★★★かつ令和2年度燃費基準達成車 1.0% 0.5%
★★★★かつ平成27年度燃費基準+10%達成車 2.0% 1.0%
上記以外 2.0% 2.0%

(注釈1)電気自動車等は、電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制からNOx10%低減達成車)
(注釈2)★★★★は、平成30年排出ガス規制からNOx50%低減達成車又は平成17年排出ガス規制からNOx75%低減達成車
(注釈3)「令和2年度燃費基準+○%達成車」は、エネルギーの使用の合理化等に関する法律(以下「省エネ法」)に基づき設定された、令和2年度を目標年度とする自動車の燃費目標基準を○%以上達成している自動車
(注釈4)「令和2年度燃費基準達成車」は、省エネ法に基づき設定された、令和2年度を目標年度とする自動車の燃費目標基準を達成している自動車
(注釈5)「平成27年度燃費基準+10%達成車」は、省エネ法に基づき設定された、平成27年度を目標年度とする自動車の燃費目標基準を10%以上達成している自動車

軽自動車税環境性能割の臨時的軽減

 令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に取得した自家用の乗用軽自動車については、軽自動車税環境性能割の税率を1%軽減します。
(注意)新型コロナウイルス感染症対応として、取得期間が令和3年3月31日まで延長されていましたが、令和3年度税制改正施行により、さらに9か月延長されることとなり令和3年12月31日までとなりました。

カテゴリー

このページの先頭へ