HOME健康・福祉高齢者福祉後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

老人医療費を中心に国民医療費が増大するなか、国民皆保険を維持し、医療保険制度を将来にわたり持続可能なものとしていくため、高齢化社会に対応した仕組みとして、高齢者世代と現役世代の負担を明確化し、公平でわかりやすい独立した医療制度として、後期高齢者医療制度が創設されました。

制度の運営は、徳島県内のすべての市町村が加入する『徳島県後期高齢者医療広域連合』が運営の主体となり、資格の認定のほか、保険料の決定や医療給付の審査・支払いなどを行います。また市町村は被保険者証の引き渡しや保険料の徴収事務、各種申請・届出の受付等を行います。

対象(被保険者)となる方

徳島県内に居住する75歳以上の方及び65歳以上75歳未満で、申請により一定の障害の状態にあると広域連合の認定を受けた方

※生活保護を受給されている方は該当しません。また、障害認定を受けられて加入された場合、申請することにより、いつでも障害認定の取り下げを行うことができます。ただし、遡って障害認定を取り下げすることはできません。

対象となる日

  • 75歳の誕生日
  • 広域連合の障害認定を受けた日

※75歳到達による加入手続きは、特に必要ありません。誕生日までに郵送にて被保険者証をお送りいたします。後期高齢者医療制度へ加入後は、これまで加入されていた国民健康保険や社会保険等の被保険者ではなくなります。脱退手続きなど各保険者へご確認ください。

医療機関等にかかるとき

病気やケガで医療機関にかかるときは、一人に一枚交付しております被保険者証を窓口に提示し、一部負担金をお支払いください。負担割合は1割(現役並み所得者は3割)です。被保険者証に記載してあります。

※『限度額適用・標準負担額減額認定証』や『特定疾病療養受領証』をお持ちの方は、被保険者証といっしょに窓口へ提示してください。

このようなときは、届け出を行ってください。

  • 県外へ転出されるとき
  • 県外から転入してこられたとき
  • 被保険者証をなくしたり、破損したなど、再交付が必要なとき
  • 被保険者がお亡くなりになられたとき
  • 生活保護を受け始めたとき、または廃止になったとき
  • 交通事故など、第三者の行為によってケガをして、後期高齢者医療制度で医療を受けたいとき

※氏名、住所異動、世帯変更の届け出について、変更届の必要はありません。住民基本台帳で確認することができた後、新しい被保険者証をお送りします。変更前の被保険者証は市役所保険年金課へお返しください。

マイナンバー制度の開始にあたって

マイナンバー制度の開始により、それぞれの手続書類には『マイナンバー(個人番号)』記入欄が設けられています。マイナンバーの記入にあたっては、本人確認のため、次のものを提示していただく必要があります。

〈被保険者ご自身が手続きする場合〉

『マイナンバーカード(個人番号カード)』または『通知カードと顔写真入りの本人確認書類(運転免許証等)1点』または『通知カードと顔写真のない本人確認書類(後期高齢者医療被保険者証と年金手帳等)2点』

〈被保険者以外の方が代理で手続きをする場合〉

  • 任意代理人(家族等)の場合は『被保険者の委任状』または『被保険者について官公署等が発行した書類(後期高齢者医療被保険者証等)』
  • 法定代理人(成年後見人等)の場合は、『戸籍謄本その他その資格を証明する書類』または『被保険者について官公署等が発行した書類(後期高齢者医療被保険者証等)』
  • 手続きをする方の『顔写真入りの本人確認書類(運転免許証等)1点』または『顔写真のない本人確認書類(被保険者証、年金手帳等)2点』
  • 被保険者の方の『マイナンバーカード(個人番号カード)』または『通知カード』

詳しくは、『徳島県後期高齢者医療広域連合』のホームページをご覧ください。

関連機関サイト

カテゴリー

このページの先頭へ