HOME健康・福祉予防接種子どもの定期予防接種

子どもの定期予防接種

子どもの定期予防接種
種類 対象年齢 回数

ロタウイルス

(2種類のワクチンがあり、選択して接種します)

 

1価

(ロタリックス)

生後6週0日から24週0日

初回は生後14週6日までに接種をお勧めします。

2回

5価

(ロタテック)

生後6週0日から32週0日

初回は生後14週6日までに接種をお勧めします。

3回
Hib感染症 生後2か月から5歳未満 生後2か月から
6か月に開始
4回※
※生後7か月以降に開始する場合は接種回数が異なります。
小児の肺炎球菌感染症 生後2か月から5歳未満 生後2か月から
6か月に開始
4回※

※生後7か月以降に開始する場合は接種回数が異なります。

B型肝炎 生後1歳未満 3回
4種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)
 
1期初回 生後3か月から7歳6か月未満 3回
1期追加 初回3回目終了後12か月から7歳6か月未満 1回
BCG 生後1歳未満 1回
水痘 1歳から3歳未満 2回
麻しん・風しん 1期 生後1歳から2歳未満 1回
2期 小学校就学前の1年間 1回
日本脳炎 1期 生後6か月から7歳6か月未満 2回
1期追加 初回2回目終了後6か月以上から7歳6か月未満 1回
2期 9歳から13歳未満 1回
2種混合
(ジフテリア・破傷風)
2期 小学6年生から13歳未満 1回
ヒトパピローマウイルス感染症
(子宮頸がん予防ワクチン)
中学1年生から高校1年生相当 3回

令和3年度定期予防接種実施医療機関一覧 .pdf (PDF 97.5KB)

  • 料金は無料です。(小松島市に住民票のある方)
  • 年間を通じて行っています。
  • 里帰り等のやむを得ない理由で、県外で定期予防接種を希望する方は、こちらの情報をご覧ください。
  • 長期にわたる病気等のために定期予防接種が受けられなかった方は、こちらの情報をご覧ください。
  • ロタウイルスは令和2年10月1日から開始しています。
  • 平成25年6月14日付の厚生労働省勧告に基づき、現在、ヒトパピローマウイルス感染症の定期予防接種は積極的にお勧めしていません。(ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛等が接種後にみられたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました)

日本脳炎予防接種の対象者が拡大されています。

  • 平成17年から21年度の積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方への接種が可能となりました。
  • 平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方については20歳の誕生日の前日まで1期の不足分及び2期の接種ができます。
  • 平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方で1期3回が完了していない場合は、9歳から13歳の誕生日の前日までの間に、1期の不足分及び2期の接種ができます。
  • 令和3年度の特に前半において、ワクチン製造の一時停止により日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少し出荷量の調整が行われることから、優先接種対象者が設定されています。詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー

このページの先頭へ